仲人プロフィール

代表 加藤 リエ

今まで頑張ってきたアナタへ

自信を取り戻して、自分らしい結婚をしたい方を応援する結婚相談所「ミナマリ」代表、旅する婚活アドバイザー、 加藤リエと申します。

わたし自身、苦節10年婚活で大変苦労しました。30歳で親戚のセッティングしたお見合いから始まり、合コン、婚活パーティー、オンラインの手軽なマッチングサービス、国内外両方の結婚相談所・・・

最終的に私自身は国際結婚だったのですが、婚活って長引かせれば長引かせるほど自分を見失い、婚活をこじらせる原因になります。
その経験を踏まえ、自信を取り戻して、その人らしい結婚を希望される皆さまの婚活の一助になりたいと結婚相談所「ミナマリ」を2018年3月3日にオープン致しました。

婚活をしていると親との関係性の問題にもぶち当たりますが、そういった問題に対しても痛いほど理解しておりますので、お気持ちに寄り添えるかと思います。(父の介護を経験しながらの婚活も経験済み)
婚活、結婚に至るまでに障害となるトラブルはほとんど経験済みですので、どうぞ安心してお問い合わせくださいね。

他の婚活サービスをご利用中で、なかなか思うように縁談がすすまない方もどうぞお気軽にご相談ください。

自己紹介

神奈川県大和市出身、大和市育ちで二人姉妹の長女です。(お姉ちゃん気質も婚活をこじらせる原因でした)
母が昔から体が弱く、うつ病を患っていたため(現在は統合失調症という診断がおりています)育児ができず、祖父母に育てられたためジジババっ子です。

小学校高学年〜中学時代は半不登校児で、どちらかというと人見知りでおとなしい性格でした。
高校卒業後、希望していた海外の大学への進学を、家庭の経済的理由により断念。

東京のデザイン学校でファッションデザイン、PRを学び、卒業後、バブル崩壊後の就職大氷河期を経験し、何とか大手百貨店に就職しましたが、百貨店業界の衰退とともに早期退職制度の波に乗り、あえなく百貨店を退社。
自分の貯めたお金で海外へ行きたい。そしてなぜか自分は国際結婚をしたい(ナゼかするって決めていた謎)という思いが以前からありました。

留学、海外滞在経験の多い友人達の勧めで、以前から思いが強くなっていた海外脱出をはかりました。
3カ国長期滞在したのち、国際結婚できなかったので(悲)(理由は諸々ありましたがそれも理由の一つ)帰国しPR(広報)を一からフルタイムの学校で勉強し直し、卒業後PR会社へ勤務。がむしゃらに働きました。

婚活は29歳ごろから始めました。親戚のお見合いや結婚相談所、誘われた合コンはほとんど参加しましたし、その場でマッチングした男性とデートも重ねましたし、その間にお付き合いする男性もできて同棲もしましたが、成婚には至りませんでした。

気づけば39歳・・・
子どもが欲しかった私は、40の大台手前でかなり焦りました。慌てて30代前半のときにトライアルで登録経験のあった国際結婚専門の相談所に本登録しました。
そのときに出会ったのが韓国系アメリカ人の元夫です。知り合ってすぐお付き合いに至り、その後妊娠が発覚。紹介→交際→プロポーズまで3ヶ月というスピート婚でした。

出産後アメリカへ移住したものの、マインドの違いなどによりあえなく別居。娘を連れて帰国。帰国後外資系企業勤務を経て現在に至ります。
1児の母となった今でも海外へ身を置くのが大好きです。子どもが1歳の時に海外の野外フェスに子連れで参加しました。(一緒に行きたい方大募集です!)

ページトップへ